最短即日融資で借りるカードローンや、低金利で借りられる素早い審査に注目です。

最短1時間融資のプロミス

カードローンの中でも手続きの早さで人気を集めるのが、最短1時間融資のプロミスです。ネット申し込みからの最短30分審査完了後、Web契約を平日14時までに完了させると、来店不要で即日融資も可能となります。

銀行振り込みでの対応となるので週末の土日や夕方や夜の対応は出来ませんが、プロミスならネット審査完了後に日本全国に設置がされている契約機で手続きをすれば、当日中にカードの受け取りも可能となるのです。

今日中にお金が必要、すぐに借りたい方も、プロミスのカードローンなら最短即日融資、早ければ最短1時間融資で素早く現金が借りられますので、借り入れ先に迷った際には融資スピードでプロミスを選んでみるのも良いでしょう。

プロミスの審査回答時間は9:00~21:00となっています。審査回答時間内の申し込みなら最短30分での審査回答も可能となりますので、契約機を使うとしても予めネットで申し込みをしておくと良いでしょう。

プロミスだけの振り込みサービス

より早くに借りたい方のために、プロミスでは独自の振り込み融資サービスが用意されています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方に限られますが、瞬フリを利用すれば24時間最短10秒で振り込みがされる素早い借り入れも可能となります。

瞬フリのための口座登録は22時までに済ませる必要があり、口座の登録さえ行っておけば、振り込みの指示自体は曜日や時間を問わずにいつでも行えます。そのため、夜に突然お金が必要になってしまったときも、瞬フリを利用してすぐに振り込みによって借りられるのです。

  • 週末や時間外のATMと瞬フリ利用の違い

プロミスでは夜でも契約後に発行されるカードを使えば、コンビニのATMでも限度額内でお金が借りられます。しかし、コンビニのATM利用では通常は手数料がかかってしまうため、無駄な出費になってしまうのです。その点、瞬フリであれば手数料をかけずに振り込み融資が受けられ、銀行口座からの出金についても手数料がかからないサービスを利用していれば、無駄なコストもなく借りられるのです。

もちろん申し込みをして契約をした当日にも瞬フリの利用は出来ますので、通常の銀行振り込みでは対応が出来ない土曜や日曜でも、プロミスでは瞬フリを使えば来店不要の即日融資も可能となります。急な出費ですぐにお金が必要でも、土日も来店不要で対応可能なプロミスは大変助かるのです。

瞬フリの利用にあたってはメンテナンス時間や利用条件など、いくつかの注意点があります。申し込み前、利用前にはプロミス公式サイトで最新情報をご確認下さい。

プロミスの基本と利用条件

第00位

プロミス

★★★★★

早い審査と最短1時間融資で、すぐにお金が借りたいときも安心のカードローンです。

実質年率借入限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
申し込み後の審査回答時間は9:00~21:00となっており、時間内の手続きであれば最短30分の審査回答となります。すぐに審査結果を知りたい方、なるべく早くに借りられるかの目安を知りたい方にとっては、プロミスのスピーディな審査は助かります。借り入れもWeb契約を平日14時までに完了で来店不要最短即日対応も可能としていますので、借りたいけど契約機や店頭には行きたくない方も安心です。
プロミス
公式サイトで詳細を見る
  • 安定した収入があれば申し込み可能

パート主婦やアルバイトの方でも、安定した収入を得ていればプロミスの申し込みは可能です。限度額は収入や利用状況によって決まりますので、年収が多くないとしても安定していれば問題ありません。

  • 担保や保証人はもちろんどちらも不要

プロミスのカードローンは担保も保証人も不要の契約となりますので、自身の信用でお金が借りられます。その分、返済に関するトラブルがあると信用に傷が付くので、返せる範囲での利用に留めましょう。

プロミスの申し込みはネットから24時間行え、安定した収入があればパートやアルバイトの方にも対応をしてくれます。銀行のカードローンのように年収の制限が設けられていたり、職業や雇用形態の制限もありませんので、収入に対する借り入れや、信用情報に問題が無いのであれば審査の結果次第で借り入れも可能となるでしょう。

ただ、プロミスでは年収の3分の1以上、または近い範囲でのカードローンの利用がある方や、他社の返済が遅れている、不足入金をしているなどの返済トラブルを抱える方には、融資を行わないケースがほとんどです。余計な申し込みをしても信用情報が汚れるだけですので、無駄な審査落ちとならないように注意をしておきましょう。

プロミスで計画的な返済を

カードローンは借りたら終わりではなく、しっかりと返済もしなければなりません。自動車や住宅のローンと比べると金利が高いとされるカードローンは、やはりプロミスでも上限金利は17.8%と、他の貸金業者よりも僅かに低いとは言っても、決して低いとは言えない数値です。

しかし、カードローンの返済は自由度が高い点が大きなメリットでもあるため、返済を工夫すれば利息の負担も抑えられるようになります。計画的な返済を心がければ、プロミスからの借り入れも大きな返済負担にならず、良いカードローン利用になるのです。

10万円を17.8%の実質年率で借りた場合の返済総額の差
各回返済額 返済総額 利息総額 最低額との差
4,000円(36回) 125,864円 25,864円 -
5,000円(24回) 119,490円 19,490円 6,375円の得
10,000円(11回) 109,043円 9,043円 16,821円の得
20,000円(6回) 104,694円 4,694円 21,170円の得

プロミス公式サイト上の返済シミュレーションより試算をしています。詳しくはお問い合わせ下さい。

返済金額を多くすれば単純に返済回数も少なくなり、合わせて利息の金額も大幅に減ります。10万円の借り入れに対して毎月10,000円の返済が厳しい方も、1,000円上乗せをして5,000円の返済とするだけで、利息は総額で6,000円以上もお得になります。

また、上記の表には記載をしていませんが、毎月の返済をもう少し増やして7,000円とすると、17回の返済期間で利息総額は13,209円、最低額との差で12,655円も利息の削減が出来るのです。

カードローンの利息は、返済の仕方によって削減も可能です。自分に合った返済計画で無理なく使えば、金利が高いと言われるカードローンであっても、負担を軽くして便利にお得に利用が出来るのです。

利便性と借金の感覚に注意

プロミスのカードローンは一度契約をすれば、限度額がある限りは繰り返し自由に借りられます。限度額の範囲内なら再びの申し込みや審査、手続きは不要で、カードを使ってATMで必要な分を借りたり、または銀行振り込みによって融資を受けたりと、いつでも便利に使えるのです。

言ってみればカードがあればまるで自分のお金のように使えてしまうため、あまりにも借り入れに慣れすぎると借金をしている感覚を失う場合があります。しかし、借りれば上記のようにしっかりと返済をしなければなりませんので、くれぐれも借りすぎには注意をし、自身の収入や支出のバランスに合わせて無理なく返せる範囲の利用に留めなければなりません。

返済能力を超えて借りてしまうと困るのは自分自身ですので、良く考え、返済が出来る範囲であるか、余裕の持って上乗せの支払いも進めていけるかなど、借りることだけでなく返済までを見据えてカードローンの利用をするようにしましょう。

返済が遅れてしまう場合には、必ずプロミスのコールセンターなどに連絡を入れて下さい。金額が足りない場合でも相談に乗ってくれますので、事前にまずは連絡をして相談をするのが重要なポイントとなります。

トップへ戻る