最短即日融資で借りるカードローンや、低金利で借りられる素早い審査に注目です。

最短即日融資で借りる

お金を早くに借りたい、出来れば今日中にすぐに即日融資で借りると考えるなら、素早い審査や融資で対応をしてくれる銀行や消費者金融に申し込みをする必要があります。いくら低金利で魅力的なカードローンであるとしても、審査や借り入れまでに時間がかかってしまっては意味がありません。

最近では多くの借り入れ先で、最短での即日融資に対応をするようになっています。急な出費ですぐにお金が借りたい方は、ネット申し込みで当日中に借り入れも可能となるカードローンを利用するようにしましょう。

ネット申し込みで最短30分の審査回答

早い審査で即日融資

審査回答の早いところであれば、申し込み後の審査結果連絡は最短30分となります。万が一にも審査落ちとなるとしても、早めに審査NGの連絡がもらえれば他の資金繰りの方法も検討が出来ますので、早い審査にはメリットはあってもデメリットは特には見当たりません。

また、一部の消費者金融や銀行では、すぐに結果表示などとするところもありますが、その時点では事前審査に過ぎない場合がほとんどです。実際には別途審査が行われ、やはり最短30分などの回答となるので注意が必要です。

Web申し込みなら、必要なときにすぐに手続きが出来ます。審査回答時間には制限がありますが、ネット対応申し込みなら24時間行えますので、急に必要になるお金のピンチにも、Webでの手続きで頼れる即日融資カードローンとなるのです。

とにかく即日融資で借りたい方

スピードを売りにしている消費者金融であれば、土日や祝日での即日融資を可能としているところもあります。TVCMでもお馴染みとなるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなら、週末でも祝日でも即日融資も可能となっています。

第01位

プロミス

★★★★★

即日融資で借りたいカードローンなら、大手で人気のあるプロミスに注目しましょう。

実質年率借入限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
消費者金融の中でも人気の高いキャッシングサービスのプロミスでは、女性の方も安心のカードローンとなります。簡単な借り入れ診断で融資が可能かを即診断でき、平日14時までのWeb契約なら来店不要の即日融資にも対応しています。また、メールアドレスとWeb明細利用登録で初回30日間無利息のお得なキャッシングも、プロミスが即日融資で人気である大きな特徴と言えます。
プロミス
公式サイトで詳細を見る

来店不要での即日融資も可能

契約機までは行きたくない方でも、プロミスならネット上のWeb契約で最短即日融資も可能です。平日14時までに完了させると、早ければその日のうちに口座に振り込まれます。また、瞬フリであれば時間は問いませんが、瞬フリに対応する金融機関の銀行口座をお持ちでない方は、14時までのWeb契約が出来るように進めると良いでしょう。

▼24時間最短10秒振り込みの「瞬フリ」

プロミスはバンクイックには無い良さがあります。それは融資対応の早さであり、24時間最短10秒で口座にお金が振り込まれる「瞬フリ」と呼ばれるサービスを使うと、曜日や時間に関係なくすぐに借り入れが出来るのです。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要となり、その他にも取り扱い時間などの注意点もありますので、詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

早い即日融資ならプロミスが良い
急ぎならプロミス

平日でも土日の週末でも、プロミスのキャッシングも審査回答時間は最短30分となっています。プロミスは銀行ではなく消費者金融のため、アルバイトやパートなどの年収が高くない方でも、または他社利用中の方でも安定した収入があれば申し込みが出来ますので、手軽に利用出来ると人気なのです。

ネットで審査を受けた後に最寄の自動契約機まで行けば、夕方や夜、週末の銀行休業日であっても即日融資も可能となる即日でのカード発行も可能となるため、急な出費にも対応可能なスピードキャッシングが魅力です。

また、Web明細の利用登録とメールアドレスの登録をすると、30日間無利息にもなりますので、審査やお得さで選ぶのであれば、プロミスの最短即日融資も十分に選択肢に入ると言えるでしょう。

消費者金融だからこそとも言える点が、来店不要のWeb契約でも即日融資も可能となるところでしょう。最短30分の素早い審査の後、平日14時までのWeb契約完了であれば、来店不要で即日の借り入れも可能です。銀行振り込みでの融資となりますので、一度も店舗や契約機まで行かず、手軽に気軽に誰にも見られずにお金が借りられるのがプロミスの良い点です。

プロミスからの郵送物はありますか?
契約をすると何か届きますか?
Web契約をすると後日、自宅宛にカードが届きますが、それ以外の案内やパンフレット類が届くことはありません。利用中の明細についても、Web交付サービスを使えば自宅宛の郵送はありませんので、カードの受け取りを契約機で行うようにする、または郵便局留めを使えば、自宅宛の郵送は回避できます。
プロミスの利点と欠点

プロミスはネットでの手続きでも契約機に行く手続きでも、どちらでも最短即日融資も可能となります。来店をしないネットでのWeb契約なら平日14時まで、契約機に行く場合であれば週末でも対応可能となり、営業時間内であればその日のうちにカード発行、借り入れも可能となります。契約機自体は夜まで営業をしているところが多いですが、先に審査回答を締め切ってしまうため、素早く即日融資で借りるのであれば予めネットで申し込みをしておくのがポイントとなります。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、プロミスなら「瞬フリ」によって時間も曜日も問わない24時間最短10秒の振り込み融資サービスが利用できますので、プロミス公式サイトで確認をしてみると良いでしょう。

  • 無利息サービスで利息を軽減

プロミスならWeb明細利用とメールアドレスのそれぞれ無料登録によって、初回借り入れが30日間無利息になるサービスがあります。

  • 繰り返し利用出来て何かと便利

審査後に決定される限度額内であれば、プロミスのカードを使って再申し込み不要で繰り返し自由に借りられるようになります。

メニューリストに戻る

各サービスで見てみるカードローン

借入先
ブランド
金利
実質年率
利用
限度額
審査時間
(目安)
融資時間
(目安)
プロミス 4.5%~
17.8%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
10秒※
アイフル 4.5%~
18.0%
1,000円~
500万円
最短
30分
最短
即日
アコム 4.7%~
18.0%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
即日
モビット 4.8%~
18.0%
1万円~
500万円
10秒
事前審査
最短
即日

即日融資の注意点

プロミス:三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、24時間最短10秒振込となります。詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

アイフル:申し込み時間によっては、翌営業日の扱いとなる場合があります。詳しくはアイフル公式サイトでご確認下さい。

アコム:14時までの振り込み手続き完了が必要となります。詳しくはアコム公式サイトでご確認下さい。

モビット:14:50までの手続き完了が条件となり、審査結果によってはご希望に沿えない場合もあります。

プロミスの特徴

プロミスの即日融資は来店不要のWeb契約なら平日14時まで、ネット申し込み後に契約機でカードを受け取るなら、土日や祝日でも営業時間内なら対応も可能となります。申し込み時間によっては翌営業日の扱いとなってしまいますので、契約機を利用するとしても事前に空いた時間を使って、ネットから審査を受けておくと良いでしょう。
プロミスなら最短1時間融資ですぐ借りられる

アイフルの特徴

来店不要のWeb契約時には、「配達時間えらべーる」により、自宅宛のカードの配達時間が選べる独自のサービスがあるのが特徴です。他の消費者金融ではいつ届くか分からないため、カードの受け取り時間が不安になりますが、アイフルではしっかりと対応をしてくれます。家族には内緒で借りたい方にも、アイフルでなら安心して利用が出来るようになっています。
アイフル即日融資の利用条件を申し込み前に確認

アコムの特徴

平日14時までの振り込み手続きなら来店不要、ネット審査後に無人契約機「むじんくん」まで行く場合は、営業時間内なら最短即日融資も可能となります。初回契約で35日ごとの返済サイクル、無担保カードローン利用なら契約翌日から30日間の金利ゼロ期間も付いてくるため、早くに最短即日で借りながらも、お得に便利な借り入れが出来るのが利点です。
アコム審査に通るために必要な条件と手続き

モビットの特徴

社会保険証や直近2か月分の給与明細などの必要書類の用意や、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちで条件を満たす方であれば、モビットだけのWeb完結による申し込みが便利です。文字通りWeb上で完結する借り入れとなり、電話や郵送物が無いため、会社への連絡がされると困る方でも安心です。カードレスともなるため、内緒の利用に適しています。
モビットの電話不要で借りられるWeb完結

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行の口座をお持ちの方は、最短即日の利用も可能な頼れるメガバンクのカードローンです。口座をお持ちで無い方でも同時申し込みが出来るため、最短即日での審査回答も含め、素早い借り入れに繋がります。消費者金融と比べても低い金利や大きな極度額、ネットで来店不要の手続きも、みずほ銀行カードローンの良い点と言えるでしょう。
みずほ銀行カードローンの詳細情報はこちら

早くに借りたい場合はどこ?
即日融資のおすすめは?
金利は二の次として、とにかく早くに借りたいなら消費者金融系大手のプロミスを使うが良いでしょう。来店不要のWeb契約を平日14時までに完了すれば、最短で即日の銀行振り込みによる借り入れも可能ですので、急ぎのカードローンキャッシングには最適です。
第00位

モビット

★★★★★

Web完結で電話も郵便物も無いキャッシングも可能な、安心の大手消費者金融です。

実質年率借入限度額審査時間融資時間
4.8%~18.0%1~500万円10秒事前審査最短即日
モビットにはネットでの申し込み方法が2種類用意されており、通常のWeb申し込みとは異なるWeb完結の手続きなら会社への電話連絡がなく、その名の通りにWeb上でキャッシング契約が完結します。お金を借りたいけど会社への電話が入ると困る方、なるべく内緒で周りにバレないようにキャッシングの利用をしたい方にとっては、モビットのWeb完結が適しています。
モビット
公式サイトで詳細を見る

モビットの即日融資は、14:50までの振り込み手続き完了が条件となります。審査結果によってはご希望に沿えない場合もありますので、ご注意ください。

メニューリストに戻る

女性の方でも安心の借り入れ先

バンクイックの即日融資

女性の方が即日融資でお金を借りるとなると、何かと不安に感じる部分も大きいものです。借り入れに関して分からないことがあっても聞きづらかったりすると、しっかりと理解しないまま借りてしまい、後々のトラブルの元ともなります。

最近では女性の方でも安心してカードローンが借りられるようにと、一部の消費者金融や銀行では女性専用のサービスを用意しています。女性のオペレーターが対応をしてくれるため、借りるにあたっての不明点や疑問点も、気軽に気兼ねなく聞けるようになっています。

女性専用サービスだからと消費者金融でも専業主婦が利用出来るわけではありませんが、パートによる安定した収入を得ている方であれば、大手の有名どころの申し込みも可能となりますので、女性の方は専用のサービス利用を考えてみましょう。

女性専用のサービスに注目

第00位

レディースプロミス

★★★★★

女性のための専用サービスで、お金を借りるのが初めての方でも安心です。

実質年率借入限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
レディースプロミスは、女性の方でも安心してお金を借りられるようにと用意された、専用のカードローンサービスです。利用条件には違いはないため、専業主婦や未成年の方の利用は出来ませんが、パート収入を得ている主婦の方や、年齢条件を満たすアルバイトによる安定した収入を持つ学生の方であれば、申し込みは可能となります。30日間の無利息サービスもありますので、お得に便利に利用が出来るのも良い点です。
プロミス
公式サイトで詳細を見る

プロミスの無利息サービスを利用するためには、メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要となります。どちらも無料となりますので、借りる際には忘れずに登録をしておくと良いでしょう。

メニューリストに戻る

即日融資も借りすぎには注意する

多くのカードローンが即日融資に対応しているからと、本来必要でないお金まで借りていたのでは返済の負担で自分が苦しむことになってしまいます。返済のための借り入れをしてしまうのは避けるようにし、交際費目的等で利用するとしても、必要最低限の適度な利用に留めておくと、借り入れはより便利で安心が出来るものとなるでしょう。

カードローンサービスの返済は借りているお金の一部、または全額と、借りたお金に対する利息の支払いがあります。毎月の分割払いとすれば負担は分散は出来ますが、その分だけ利息が大きく膨らんでしまいますので、なるべくなら早くに返し終えられるよう、余裕を持った返済が出来るような借り方が理想となるのです。

▼借りたお金に対する最低返済金額を確認

消費者金融で人気のプロミスでは、借り入れ金額が10万円までなら月の返済は4,000円から、20万円までなら8,000円からでOKとしています。更に低負担となるオリックス銀行カードローンなら、借り入れ残高が30万円以下であれば月あたりは7,000円からで良いので、毎月の収入と支出を考えて借りるようにすれば失敗はしづらくなります。

可能であれば上乗せでの返済を

毎月の最低返済額で支払いを続けるより、余裕があれば上乗せをして返済をしていく方が利息の節約に繋がります。利息は借りている残高に対して発生がするため、毎月の入金額を増やして元金分をどんどんと返していけば、翌月以降の利息負担が軽減されていきます。

利息が減れば同じ返済金額でも元金分となる割合が増えていくため、元金を減らしていく返済を心がけると、更に元金を減らしやすくなる良いサイクルが作り出せます。毎月の最低返済額はあくまで最低ラインと考えておき、可能であれば金額を上乗せしての積極的な支払いを進めていきたいものです。

返済が遅れた場合はどうなりますか?
期日までに支払えない場合には?
期日通りに支払うことが基本となりますが、何らかの事情によって遅れてしまう、遅れてしまった場合には、必ず自分でコールセンターに連絡を入れるようにしましょう。遅れた場合には毎月の最低返済金額と遅延損害金による利息負担を重ねた金額が最低支払額となり、普段よりも負担が増えてしまうので注意してください。
借りる前にはシミュレーションを

いくら借りて金利はどの程度で、返済期間をどれほどまでにすると、毎月の返済額と利息や返済総額がいくらになるのかは、即日融資で急ぎで借りたいとしてもしっかりと見ておきたいものです。予め返済の計画を立てておけば、カードローンも安心して利用が出来るようになります。

下のシミュレーターでは枠内に必要な情報を入力して計算ボタンを押すだけで、簡単に完済までの返済計画の確認が出来ます。毎月の支払いに無理はないか、利息を減らすにはどの程度の期間での返済を目指せば良いのかが分かりますので、即日融資で借りる前に見ておきましょう。

返済シミュレーションでの試算結果は目安となります。借り入れ先によって返済の金額や期間の指定がされる場合があるため、詳しくは各サービスの公式サイト上、または問い合わせなどから確認をして下さい。

簡単返済シミュレーター
利用金額万円
返済期間ヶ月
借入金利%
返済方法

メニューリストに戻る

審査前に確認をしておきたい点

困ったときに助かる素早い即日融資ですが、申し込みをして審査を受ける前には最低限確認をしておくべき項目があります。いくら手続きが早くて即日融資に対応をしているとは言っても、審査に通らないと何の意味もありません。申し込み前には審査のNGポイントの理解をしておき、該当をしていないかチェックをしてから受けるようにしましょう。

借りられるか分からないからと適当に申し込みをしても、信用情報機関に申し込み履歴が蓄積されるデメリットしかありませんので、審査は慎重に受けるべきなのです。

必ずOKになる方法はありませんが、高い確率でNGになる方法はあります。審査落ちとなる申し込みの仕方を避けるようにすれば、一先ずはスタートラインに立てるのです。

▼これだけは必ず確認をしておきたい

  • 現在の借り入れが年収の3分の1以上ある
  • 複数から借りていて件数が極端に多い
  • 他社利用中で返済の遅れや不足入金である
  • 最近に何社も立て続けに審査に落ちている
  • 多くの消費者金融や銀行に同時に申し込む
  • 信用情報にネガティブ情報の記録がある

過去に債務整理や返済の長期に渡る延滞をした方は、信用情報機関に記録がされています。消えるまでには債務を完済してから数年間を要しますので、すぐに新たに借りることはほぼ不可能です。

多重申し込みは不利になるだけ

どうしても即日融資を利用したいからと、複数の対応する消費者金融に同時に申し込みをする方がいます。ネット上にも「○社までの同時申し込みが審査のコツ」などと書かれているものもありますが、基本として多重申し込みは各社、各サービスとも嫌います。

何社までOKとする明確な線引きこそありませんが、複数の審査を同時期に受けている方より、1社のみに限定をしている方の方が、決して不利にはならないでしょう。同時の申し込みではないとしても、履歴自体は半年間は残るため、ここ数ヶ月で多くの消費者金融や銀行の審査を受け、それぞれで落ちてしまっている方は、履歴が消えるまでの間は結果は厳しくなる可能性が高くなります。

  • 虚偽の記載はもちろんNG

審査に通りたいからと他社借り入れを少なくして申し込みをしたり、年収を多くするのも、当然ですが通用はしません。ただただ信用を落として不利になるだけなので、正しく入力をするようにしましょう。

  • 入力内容の不備には注意

意外と多いとされるのが、入力内容のミスや不備によるNGです。虚偽の記載をしたつもりが無くても、何らかの入力ミスによって受け付けてもらえないなどの理由により、審査落ちとなってしまうのです。

申し込み時点での入力内容は、ミスがあると審査落ちとまではいかなくとも、時間や手間がかかる原因になります。確認のために審査に時間を要してしまい、結果として即日融資に間に合わなくなる可能性もあるため、送信前には急いでいるときこそしっかりと確認をして下さい。

即日融資を受けるためには
頼れる即日融資

即日融資でお金を借りるためには、正確な入力内容での申し込みをし、門前払いとならないような状態で審査を受けなければなりません。総量規制で定める年収の3分の1を超えていないとしても、借り入れ件数が多ければ大きく不利になります。

実際には審査を受けてみないと分からない部分はありますが、大手の消費者金融ではホームページ上で簡単な診断が出来るようになっているため、申し込み前に確認をしてみるのも良いでしょう。時間をかけずに数秒で申し込みの診断が出来ますので、結果を見てから審査を受けても、時間次第で即日融資には十分に間に合います。

申し込み条件、最低限の利用条件を満たさない申し込みほど無駄なものはありませんので、即日融資で借りたいときには、まずは最低ラインとも言える診断のクリアを目標とするようにしましょう。

メニューリストに戻る

トップへ戻る